東証反落、終値は182円安

 5日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落した。終値は前日比182円80銭安の2万9611円57銭。今週は平均株価が上昇傾向にあった反動で当面の利益を確定する売りが出た。決算開示をしたものの、業績の上方修正がなかったり、市場予想に届かなかったりした企業の銘柄も値を下げた。

 東証株価指数(TOPIX)は14・14ポイント安の2041・42。出来高は約12億6600万株。

 前日の取引終了後から5日の取引時間中に決算を開示した企業では、キッコーマンが一時7%超下落し、医療機器大手のテルモは6%以上値を下げる場面があった。

PR

PR