TAOの「DRUM ROCK 続・十七人のサムライ」

公演の一場面(C)DRUMTAO 拡大

公演の一場面(C)DRUMTAO

■5月22日から福岡市などで 迫力の和太鼓演奏
 
 和太鼓演奏のTAOによる舞台「DRUM ROCK 続・十七人のサムライ」が5、6月、県内3カ所で上演される。

 昨年披露した結成20周年記念作の続編で、演奏者の鍛え上げた肉体から繰り出されるビートで観客を圧倒。デザイナー、コシノジュンコによる衣装も注目される。

 公演は5月22、23日、アクロス福岡シンフォニーホール(福岡市中央区天神)▽同24日、石橋文化ホール(久留米市野中町)▽6月1、2日、北九州芸術劇場大ホール(北九州市小倉北区室町)。

 入場料は全席指定で福岡、北九州公演=SS席7千円、S席6千円、A席5千円、B席(福岡公演のみ)4千円▽久留米公演=6千円。6歳未満は入場不可。

 チケットはTAOオンラインストア、ローソンチケット、チケットぴあなどで販売中。開演時間など詳細はTAO公式ホームページを参照。タオ・エンターテイメント=092(721)2015。


=2014/04/17付 西日本新聞夕刊=

PR

PR

注目のテーマ