韓国大統領候補が支持訴え

 【ソウル共同】来年3月の韓国大統領選の主要政党候補が確定後、初めての週末を迎えた6日、与党「共に民主党」の李在明前京畿道知事、最大野党「国民の力」の尹錫悦前検事総長の両候補が若者らと懇談したり市場を訪れたりして、それぞれ支持を呼び掛けた。

 尹氏は、ソウルの市場で商店の経営者らと握手して回り、試食する姿も見せた。記者団に「生活の現場へ真っ先に行こうと思った」と語り、新型コロナの影響で落ち込んだ経済の立て直しに取り組む姿勢をアピールした。

 李氏は若者らが共同生活を送るソウルの住宅をカジュアルな服装で訪れ、施設を視察したり一緒に焼き肉を食べたりした。

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR