自動車のF1、ボッタスが首位

 自動車のF1シリーズ第18戦、メキシコ・グランプリ(GP)は6日、メキシコ市で予選が行われ、メルセデス勢のバルテリ・ボッタス(フィンランド)、ルイス・ハミルトン(英国)が1、2番手でゴールした。

 レッドブル・ホンダ勢のマックス・フェルスタッペン(オランダ)、セルヒオ・ペレス(メキシコ)が3、4番手につけた。

 アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は9番手でゴールしたが、パワーユニット(PU)の交換で降格処分を受け、7日の決勝は後方からスタートする。(共同)

PR

PR