NYCマラソン、五輪女王が初V

 【ニューヨーク共同】ニューヨークシティー・マラソンは7日、ニューヨークの市街コースで2年ぶりに行われ、女子で今夏の東京五輪を制したペレス・ジェプチルチル(ケニア)が2時間22分39秒で初優勝を果たした。山口遥(AC・KITA)は2時間34分4秒の12位。男子はアルバート・コリル(ケニア)が2時間8分22秒で初めて制し、富安央(ラフィネ)は13位だった。

 車いす男子は東京パラリンピック覇者マルセル・フグ(スイス)が1時間31分24秒で制し渡辺勝(凸版印刷)は9位。昨年は新型コロナウイルスの影響で大会が中止となった。

PR

PR