予算の無駄、公開点検を開始

 政府は8日、予算執行の無駄を外部有識者が検証する「秋の行政事業レビュー」の公開点検作業を東京・永田町の合同庁舎で始めた。新型コロナウイルスワクチン接種を議論。有識者は、国から自治体に大量の通知が出されて混乱を招いたと指摘した。オンライン会議の活用により、自治体が抱いた疑問を定期的に解消するよう求めた。

 接種を巡っては予約が取りにくかったり、副反応に関し科学的根拠のない情報が出回ったりした。牧島かれん行政改革担当相は冒頭のあいさつで「構造的な問題はないのか、課題を抽出して再構築するプロセスをつくっていきたい」と述べた。

 点検作業は8、9日に実施。

PR

PR