9月の景気「足踏み」に引き下げ

 内閣府が8日発表した9月の景気動向指数(2015年=100、速報値)は、景気の現状を示す「一致指数」が前月比3・8ポイント下落の87・5となり、3カ月連続で悪化した。基調判断は「足踏み」に引き下げた。下方修正は2019年8月以来2年1カ月ぶり。前月までは「改善」だった。

 世界的な半導体不足と東南アジアの新型コロナウイルス感染拡大で部品の供給が滞り、自動車の生産や出荷が落ち込んだことが要因。

 数カ月先の景気を映す「先行指数」は前月比1・6ポイント下落の99・7で、3カ月連続の悪化となった。

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR