リニア工事で再び事故、長野

 JR東海は8日、リニア中央新幹線の長野県豊丘村のトンネル工区(坂島工区)で土砂が崩れる事故があり、作業員1人が右脚に軽傷を負ったと発表した。リニアのトンネル工事を巡っては、10月27日に作業員2人が死傷する崩落事故が岐阜県中津川市で発生。坂島工区は工事を中断し11月1日に再開したばかりだった。

 JR東海によると、事故があったのは8日、伊那山地トンネルの工区。斜坑と呼ばれる作業用トンネルを掘削するため、トンネル先端で爆破に関連する作業中、監視責任者が異常に気付き退避を指示。退避中の1人が崩れてきた土砂に当たり、病院に運ばれたという。

PR

PR