星出彰彦さん、グータッチで帰還

 【ワシントン共同】3度目の宇宙滞在を終えて8日(日本時間9日)、メキシコ湾上に帰還した日本の星出彰彦飛行士(52)は米宇宙船クルードラゴンを下り、簡易チェックで健康状態は良好と確認された。下船した星出さんは出迎えの関係者と拳を突き合わせて喜びの表情。椅子に座りながら元気そうに手を振った。半年の宇宙滞在を考慮して今後、リハビリに入る。

 国際宇宙ステーション船長の大任を終えた星出さんは帰還前「本当に素晴らしいチームの一員であることが幸せ」と振り返っていた。船外活動は日本人最長時間。星出さんは「これからの宇宙飛行士が破ってくれれば」と、次世代に期待を寄せる。

PR

PR