夜10時台に寝るのが最適?

 【ロンドン共同】普段午後10時台に就寝する人は、他の時間帯に寝る人より心臓や循環器の疾患を発症するリスクが低い可能性のあることが9日、英エクセター大などの研究チームによる調査で明らかになった。

 研究チームなどによると、2013年から15年にかけ英国内の43~79歳の男女約8万8千人を対象に、ウエアラブル装置で就寝時間のデータを収集。その後の健康状態を調べた。

 その結果、3100人強の人が心臓や循環器の疾患を発症。午前0時以降に寝る人の発症リスクが最も高く、午後10時台より25%高かった。午後10時より早く寝る場合は24%、同11時台も12%高かった。

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR