アズレ事務局長の再任可決

 【パリ共同】パリで開催された国連教育科学文化機関(ユネスコ)総会は9日、フランス出身のオードレ・アズレ事務局長(49)の再任を賛成多数で可決した。他に立候補者はいなかった。任期は4年。

 アズレ氏は声明で「過去4年間でユネスコへの信頼を取り戻すことができた。多くの点でユネスコの自信回復にもなった」と訴えた。

 元フランス文化・通信相のアズレ氏は2017年、カタールなどの候補を破り第10代事務局長に選出された。

PR

PR