京都賞、記念講演をネット公開

 優れた科学や芸術の功績をたたえる第36回京都賞を受賞した米ロックフェラー大のロバート・G・レーダー教授(79)=生化学=ら3人のオンライン記念講演が10日、公開された。賞を主催する稲盛財団(京都市)が特設サイトに掲載した。

 基礎科学部門で受賞したレーダー教授は、生物の遺伝情報が転写される仕組みを解明。講演では研究成果について「極めて重要で、50年間の目標であり情熱だった」と振り返った。

 他に、先端技術部門で中国清華大のアンドリュー・チーチー・ヤオ学際情報学研究院院長(74)が、思想・芸術部門で仏パリ政治学院のブリュノ・ラトゥール名誉教授(74)が受賞。

PR

開催中

BANKO会展

  • 2021年11月20日(土) 〜 2021年11月30日(火)
  • こっぽーっとギャラリー

PR