エスビージャパン運営の「47Growth」佐賀県初の自治体アクセラレーター「GAPs SAGA」を開設!嬉野市・白石町・多久市・鹿島市の課題へ企画募集開始!

地域課題の解決を目指す「47Growth(ヨンナナ・グロース)」を運営するエスビージャパン株式会社(代表取締役:中元英機、 以下当社)は、本日、佐賀県初の自治体アクセラレーター「GAPs(ギャップス)SAGA」を開催します。嬉野市・白石町・多久市・鹿島市の課題解決に向けて、全国のスタートアップ地方創生企業から企画募集を開始します。 GAPsSAGA:https://growth.minna-kanko.jp/event_gaps
■47Growthとは(運営:エスビージャパン株式会社)
47Growthは、地域が抱える課題とスタートアップ企業の技術やアイディアをマッチングすることで、地域活力の向上につながる事業共創を創出するプラットフォームです。そこでは、全国において、Government Accelerator Programs(通称:GAPs/ギャップス)を開設し、地域とスタートアップ企業の事業共創の場となるアクセラレータープログラムをおこないます。地域を舞台に新興企業が活動・成長することで、地域課題の解決を図るほか、若者が地域で働き、生活する場所としても選ばれることで地域活力の向上につながっていきます。


■GAPs SAGAで提示する自治体課題
1.嬉野市
・健康フレイル予防対策
耕作放棄地・放棄茶園の有効活用
・浸水被害等のAIシミュレーションについて
・空家解消のための空家リース・サブリース
・農産物の6次産品化を含めた販売先の確保

2.白石町
・農作業繁忙期の労働力不足の解消
・農業における後継者不足の解消
・腐敗農産物の処理について

3.多久市
・地域の2次交通の活性化
・論語の街としてのPR事業
・B級野菜や果物をドライフルーツに!
ドローンとセンサーAIのコラボによる鳥獣被害対策実験

4.鹿島市
・鹿島市内の観光消費額UP
・宿泊人口の増加に向けた取り組み
・観光産業組織(DMO等)の強化
・魅力を発信する新たな情報発信策

これらの課題に対する企画を募集しています!
GAPsSAGA:https://growth.minna-kanko.jp/event_gaps

■企画募集期間
11月10日(水)~12月10日(金)
GAPsSAGAサイトのエントリー画面より、応募できます。

■11月19日(金)13:30よりオンライン説明会開催
11月19日(金)13:30より、GAPs SAGAオンライン説明会(Zoom)を開催します。
参加申し込み
https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_1ergMPAPTw-hF2WwrfqWTw

■47Growth会員登録をお願いします
GAPs SAGAへの企画提案は、47Growthへの会員登録が必要です。登録料は無料で、以下のURLより簡単にお申込みが可能です。佐賀県の自治体課題解決に向けて、多くの企画提案をお待ちしております。
47Growth会員登録:https://growth.minna-kanko.jp/register

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

PR