ヤ4―0巨(10日)

 ヤクルトは奥川が6安打で無四球完封した。直球、変化球ともに精度が抜群で、長打を許さずに相手を寄せ付けなかった。打線は一回に村上の遊飛で三塁走者の塩見がタッチアップして先制し、続くサンタナが2ラン。七回は塩見の適時二塁打で加点した。

 巨人は山口が4回3失点と精彩を欠いた。戸郷や畠を投入したが、流れを変えられなかった。

PR

PR