18歳以上に3回目の接種承認

 厚生労働省は11日、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンを3回目の追加接種に使うことを特例承認した。対象は18歳以上。15日に開かれる厚労省の専門分科会で、予防接種法に基づき無料で接種することなどを決める。3回目は、2回目完了から8カ月以降を目安としており、12月から医療従事者を皮切りに順次始まる見通しだ。

 10日の厚労省の専門部会が特例承認を了承していた。ファイザーが実施した3回目接種の臨床試験(治験)が18歳以上を対象としていることなどから、対象は2回目までの12歳以上と異なり、18歳以上とした。

PR

PR