ビール類販売、4社とも増加

 ビール大手4社の10月のビール類販売実績が11日に出そろい、全社が前年を上回った。新型コロナウイルス流行に伴う緊急事態宣言が9月末をもって全面解除され、業務用の出荷が回復しつつあるのが主な要因。昨年10月の増税時に落ち込んだ第三のビールも、前年に比べて伸びた。

 ビール、発泡酒、第三のビールを合わせたビール類の販売数量はサントリービールが前年同月比14%増、サッポロビールが8%増、キリンビールが1%増だった。アサヒビールは、売上金額ベースで9%増えた。

 前年を上回ったのはキリンが3カ月ぶりで、他の3社は6カ月ぶり。

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR