東京円、114円台前半

 11日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=114円台前半で取引された。

 午後5時現在は前日比98銭円安ドル高の1ドル=114円07~09銭。ユーロは10銭円高ユーロ安の1ユーロ=130円73~77銭。

 10月の米消費者物価指数が記録的な伸び率となったことで、前日の米長期金利が上昇。日米金利差拡大を意識した円売りドル買いが優勢となった。日経平均株価の上昇で投資家心理が改善し、比較的安全な通貨とされる円を売る動きも出た。

 市場では「114円台に入ると利益確定のドル売りも出やすかった」(外為ブローカー)との声があった。

PR

PR