三好不動産LGBTの取り組みが評価されPRIDE指標2021で最高評価の「ゴールド」を受賞

不動産管理の株式会社三好不動産(本社:福岡市 代表取締役社長三好 修)は、任意団体「work with Pride」認定の評価指標「PRIDE指標2021」で最高評価である「ゴールド」を受賞しました。
「すべての大切な方に快適な住環境の提供」が基本姿勢。 三好不動産は「すべての大切な人に快適な住環境を提供したい」という基本姿勢があり、生活基盤となる「住」を担う不動産会社として、誰もが当たり前に希望の住環境を手に入れることについて問題意識をもっています。 三好不動産はこれまでも、高齢者や外国人、DVで苦しんでいる方、災害時の住宅提供など様々なご要望にいちはやく対応してまいりました。そんな中、LGBTの方の住まいに関する課題がある現状を知り、不動産会社としてお力になれるのではないかと、2016年よりLGBTの方のお部屋探しサポートを開始しました。 この取り組みをしていく中で、「家を購入したいけど誰(どこ)に相談して良いかわからない」「パートナーと不動産の購入や住宅ローン、相続について知りたい」といった声も多くいただくようになりました。 そこで、LGBTの方の住まいやライフプランに関する様々な情報を提供する場として、LGBTフレンドリーサイトを2021年10月開設しました。まだ、法律や制度における難しさもありますが、今できることもたくさんあることをお伝えしてまいります。


【三好不動産のLGBTの取り組み内容】
・2016年10月にLGBTの同性カップルのお部屋探しの取り組み開始。
・全拠点にレインボーステッカーを掲示、従業員全員レンボーバッチを着用、名刺にレインボーマークを
配置しLGBTフレンドリーである姿勢を表明。
・SNS(Facebook・ツイッター、LINE)での情報発信。
・2017年10月より就業規則に「人事異動にあたり性的指向や性自認に起因した差別を行わない」、「セクシュアルハラスメント等の規則にLGBTに対する不適切な言動を含む」を変更追加。
・2020年10月LGBT等同性等パートナーに対し配偶者と同等の社内規定及び福利厚生制度の適用を拡充。
家族手当、結婚祝金、本人弔慰金、家族弔慰金。申請はシステムで行い、本申請に限っては直属の上司は経由せず申請者の社員から直接総務に届くように設定した。
・2021年には、楽天銀行とLGBT向け住宅ローンで提携。
・2021年10月LGBTフレンドリーサイト開設。

https://www.miyoshi.co.jp/lgbt/



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

PR