社食サービス「びずめし」とおもてなしデリバリー「Wolt」が社食デリバリーモデルの構築のため提携へ

地域の飲食店のメニューを社食としてデリバリー、都内と福岡市で実証実験開始
感謝や応援の気持ちを食事とともにお届けするフードテックサービス「ごちめし」「さきめし」「びずめし」を運営するGigi株式会社(本社:福岡市、代表取締役:今井了介)は、デリバリーサービス「Wolt」を運営するWolt Japan株式会社(本社:東京都渋谷区)と提携し、飲食店のメニューを社食として使用できる「びずめし」をデリバリーするサービスの実証実験を本日開始することをお知らせします。



”まちの飲食店が社食になる”「びずめし」のサービスを展開する当社は、リモートワークが拡大・定着する中、Woltによるデリバリーの導入を実証実験し、将来的にはその結果を踏まえ、「社食デリバリーモデル」の全国展開を目指します。

当社は、「びずめし」にデリバリー機能を追加することにより、法人の導入加速を目指し、Woltは、利用回数の機会増加を目的としています。
実証実験 実施概要                                       

【開始日】
2021年11月24日(水)~2022年2月28日(月)

【概要】
”まちの飲食店が社食になる”「びずめし」で購入したメニューを、「Wolt」がご注文者の自宅までお届けするサービスを、以下の内容にて実証実験します。
・対象者: 実証実験に参加する3社(東京・福岡)
・対象人数:約250名(予定)

【オーダー方法】
「Wolt」アプリから、「びずめし」事務局からお渡しするクーポンコードを入力の上、Wolt登録店のメニューをオーダーすることにより、「びずめし」が「Wolt」のデリバリーサービスの対象となります。

【実施に至る経緯】
リモートワークが推進されるなか、企業が福利厚生として従業員の食事を補助する「びずめし」をデリバリーで自宅などリモート拠点に届けることができるスキームづくりを、当社は検討しておりました。
中でも「Wolt」は、”サービスを展開する街をより良くする”ことをポリシーとして掲げており、数あるフードテックサービスの中で、企業が福利厚生を通じて地域の経済活性を目指す「びずめし」と親和性が高いと考え、この度の実証実験実施に至りました。

提携に向けた実証実験の開始について、Wolt Japan株式会社 ゼネラルマネージャー 安井春菜氏は以下のように語っています。
「リモートワークを行う方々にお食事をデリバリーでサポートするというプロジェクトに新たな可能性を感じています。質の高い顧客体験を重視する弊社のサービスを通じて、美味しいお料理をお楽しみいただければと思っております。」
■ Woltについて
「Wolt」は、2014年にフィンランド・ヘルシンキで創業、現在23か国180都市以上、日本では2020年3月広島を皮切りにサービスを開始し、21都道府県36エリア*に展開しています。(*2021年11月24日現在)
神対応とも言われる「迅速なチャットサポート」、幸せの国・フィンランドならではの「温かみのあるおもてなし」、さらに適性テストに合格した質の高い配達パートナーによる安心サービスで、「世界最高の顧客体験」をご提供いたします。
https://wolt.com/

・創業 :2014年、フィンランド・ヘルシンキ
・サービス展開地域 :23ヵ国200以上の都市でデリバリー事業を展開
・登録ユーザー数 :1,400万以上
・レストラン/小売パートナー数 :52,000以上
・従業員数 3,700名以上
・配達パートナー数 :約110,000名
・アプリに対する評価 :App Store 4.7/5, Google Play 4.6/5 の高評価
・資金調達総額:8億5,600万ドル(約888億円)・受賞実績 :2020年3月にFinancialTimes(英)が選ぶ「Europe’s Fastest Growing Companies 2020」2位に選出。2020年10月に日経傘下メディアThe NextWebと国際的決済サービスAdyenが毎年開催する、ヨーロッパで最も熱いスタートアップ企業を選ぶショーケースTech5にて「最も有望なテクノロジースタートアップ企業」1位受賞。
「びずめし」について
「ごちめし/さきめし」から生まれた飲食店の社食提供サービス「びずめし」は、地域コミュニティに企業と社員がつながる新しい社食スタイルを提案するサービスです。
オフィスエリアも、社員の居住エリアでも、地域の飲食店を社食として利用することができます。
本社、拠点などでの勤務、外回りの多い部署や在宅など多様化する勤務形態に応じて、公平な福利厚生として導入いただけます。
また、飲食店に足を運ぶことで、新型コロナウィルスによる人々の生活の変化により影響を受けた地域経済を応援でき、地域コミュニティの一員として企業・社員が地域に貢献できるサステナブルな取り組みにつながります。
「びずめし」サイト: https://bizmeshi.jp/


■「ごちめし」について
「WEBを通じて・人さまに・お食事をごちそうできる」サービスです。
様々な思いやりを手軽に「ごちる」という形に変え、
人から人へ「ありがとう」「頑張ってね」「応援しているよ」などの気持ちを届けることができます。
「ごちめし」ギフトサイト https://gochi.online/
<公式ウェブサイト/アカウント>
「ごちめし」公式サイト:https://www.gochimeshi.com/
プロモーション動画 :https://youtu.be/S6DeTTcwqeg
サービス紹介動画 :https://youtu.be/SIY8_Oy7_sk
Twitter       :https://twitter.com/gochi_meshi
Facebook :https://www.facebook.com/gochimeshi.official
Instagram :https://www.instagram.com/gochimeshi_staff/
「さきめし」について
さきめしは、「ごちそうさまの先払い」。
また行きたい「あのお店」で、また「ごちそうさま」を伝えるために。応援したい飲食店へ「また食べにいくからね」、「がんばって乗り越えようね」という想いをこめて食事代を先払いし、後日お店を訪れてもらうサービスです。
「さきめし」公式サイト:https://www.sakimeshi.com/

さきめし×「プレミアム付き商品券事業」オンラインセミナー開催中
当社は自治体の商工振興施策の一助となることを目指し、昨年から高評価をいただいている「さきめし×プレミアム付き商品券事業」について、その事例と概要をご紹介するオンラインセミナーを実施しています。
地域の飲食店・小売店への支援を検討中の自治体の皆様、ぜひお気軽にお問い合わせください。
セミナーへのお申し込みはこちらから(参加費無料)
https://forms.gle/kpaFYuFenx9kpvRL9


【受賞歴】
2020年 7月 日本ギフト大賞2020 緊急特別賞「飲食店応援賞」
2020年10月  グッドデザイン・ベスト100 / グッドデザイン・グッドフォーカス賞 【新ビジネスデザイン】
2020年11月  2020 60th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS「ACCブロンズ」
2021年3月 TANGRAMS STRATEGY & EFFECTIVENESS @Spikes 2021 ブロンズ受賞
2021年4月  Forbes 30 Under 30 Asia 2021 Retail-Ecommerce部門(受賞者:ファウンダー 古川賢人

※ ごちめし(R)︎ さきめし(R)︎は、Gigi株式会社の登録商標です。
■Gigi株式会社 会社概要
代表取締役 :今井了介
本社所在地 :福岡県福岡市中央区大名2-6-11
設立 :2018年9月13日
事業内容 :インターネットサービス事業
ホームページ :https://www.gigi.tokyo/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

PR