防衛費過去最大7738億円 21年度補正予算案 装備品前倒し購入、米に配慮

 2021年度補正予算案の防衛関係費は過去最大の7738億円となった。22年度予算概算要求(5兆4797億円)で盛り込んだ主要装備品を前倒しで新規購入するためだ。防衛省は、今回の補正と22年度予算を合わせて「防衛力強化加速パッケージ」と位置付けており、日本の防衛力強化を求める米側に応える狙いもある。...

残り 559文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR