otta、奈良県王寺町およびコカ・コーラボトラーズジャパンと3者による「見守りサービスの導入に関する協定」を締結

ottaの見守りシステム導入は全国で17都市目
株式会社otta(本社:福岡市中央区、代表取締役社長:山本文和、以下「otta」)は、11月29 日(月)、奈良県王寺町(町長:平井康之)およびコカ・コーラ ボトラーズジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:カリン・ドラガン、以下コカ・コーラ)と、子どもの安全かつ安心な暮らしの実現を目的に、「見守りサービスの導入に関する協定」(以下、本協定)を締結しましたのでお知らせいたします。

ottaは、行政や地域企業と連携して街中に見守りスポットを設置し、専用の見守り端末によって位置情報を記録するタウンセキュリティ「BLE見守りサービス」を提供しています。見守りサービス導入地域内において、ビーコンが搭載された専用端末をランドセル等に付けた小学生が、街中の店舗や事業所等に設置された見守り基地局(見守りスポット)付近を通過、もしくは指定のアプリをインストールした市民(見守り人)やタクシー(見守りタクシー)とすれ違うことで、位置情報が記録されます。

奈良県王寺町では2022年4月よりサービス開始予定で、令和4年4月開校の王寺町立義務教育学校の児童生徒を対象に専用端末が配布されます。2021年10月末時点で東京都、大阪府など全国16都市に導入済みで、奈良県王寺町は17番目のサービス開始地域となります。

本協定においては、コカ・コーラの自動販売機が「見守り基地局」として活用されます。王寺町内に設置された既存のコカ・コーラ自動販売機に固定基地局端末を取り付け、同サービスの環境を構築。新たな場所に「見守り基地局」が必要となった際は、端末を取り付けた自動販売機がその場所に設置される予定です。

◆otta「見守りサービス」とは  https://www.otta.me/products/


◆otta「見守りサービス」導入エリア一覧


ottaでは、今後も、IoTテクノロジーの活用により、子どもの"安全"と、親の"安心"を繫ぐ、新しい見守りサービスを提供してまいります。

◆株式会社 ottaについて https://otta.co.jp/
「誰もが安心して暮らせる“スマート見守りシティ”をつくる」をミッションに、IoTテクノロジーを活用して“新しい見守りサービスを提供しています。2014年の設立以後、大手電力会社と提携し全国にサービスを拡大。2019年には、約8.5万人規模となる福岡県福岡市全域での見守りサービスを開始するなど、日本最大規模のIoT見守りサービスを展開しています。

■公式Webサイト:https://www.otta.me/
■公式Facebook:https://www.facebook.com/ottainc/
■公式Instagram:@otta_official https://www.instagram.com/otta_official/
■LINE公式アカウント : @otta

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

PR