オープンイノベーションプログラム「X-kakeru(カケル)」協業6社を発表

6社との協業案、プレゼンテーションで報告、授賞式も
西日本新聞社(福岡市中央区、社長:柴田建哉)は、「地域づくり」という企業理念のもと、販売網、顧客基盤など弊社のリソースを活用した協業アイデアをスタートアップ企業などから募る「オープンイノベーションプログラム・X-kakeru(かける)2021」を今年5月より進めてまいりました。  全国から72件の応募があり、7月の一次および二次選考を経てファイナリスト6社が決定。11月4日の最終選考会で6社の各賞が決まり、11月25日に福岡市のスタートアップ支援施設「Fukuoka Growth Next」で授賞式および協業アイデアのプレゼンテーションを行いました。最優秀賞に輝いたLocalLocal社(宮崎県)については、「危機的な状況に陥っている酒蔵業界の支援は、コロナ禍からの復帰というメッセージ性があり、また焼酎メーカーという、地域の歴史や文化的象徴の一つを守ることにもつながり、社会性も高い」と高く評価されました。 今後、6社とは協業の実現に向けたパートナーとして共に歩んでいきます。

授賞ボードを掲げる6社のメンバー

X-kakeru専用サイト:https://specials.nishinippon.co.jp/oip/
選考会の動画(短縮版)は、下記サイトからご覧ください。
西日本新聞me:https://www.nishinippon.co.jp/item/n/839353/
■最優秀賞(1社)
 Local Local株式会社(宮崎県日南市、代表取締役・石橋孝太郎)
 ・事業概要:酒蔵のDX支援、焼酎小売事業
 ・活用するリソース:新聞・WEBメディア、地場ネットワーク
 

最優秀賞に輝いたLocalLocalの代表・石橋孝太郎さん
■優秀賞(3社)
1.ボンド株式会社(東京都、代表取締役・住吉良介)
 ・事業概要:オンライン日本語教育事業など
 ・活用するリソース:外国人や子ども向けに翻訳したニュース「やさしい日本語」
2.FunLife株式会社(東京都、代表取締役CEO田巻富士夫)
 ・事業概要:モーションデータ&AIを用いたスポーツ/フィットネスサービス事業
 ・活用するリソース:「脳活新聞」プロジェクト
3.株式会社YE DIGITAL(北九州市、代表取締役社長・遠藤直人)
 ・事業概要:IoTソリューション
 ・活用するリソース:デジタルコンテンツ・メディアビジネス

■特別賞(2社)
1.207株式会社(東京都、代表取締役社長CEO高柳慎也)
 ・事業概要:物流のラストワンマイル事業
 ・活用するリソース:新聞販売店
2.ボールドライト株式会社(東京都、代表取締役・宮本章弘)
・事業概要:MaaS関連事業、観光DX事業など
・活用するリソース:「ファンファン福岡」WEB版
授賞式の後に行われた6社のミニプレゼン
                                            
                                           以上

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

PR