東証4日ぶり反発、113円高

 1日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は4営業日ぶりに反発した。終値は前日比113円86銭高の2万7935円62銭。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」が経済活動に悪影響を及ぼすとの懸念は残るものの、前日までの大幅安で割安感の出た銘柄に買い注文が入り、相場を支えた。

 東証株価指数(TOPIX)は8・39ポイント高の1936・74。出来高は約14億4100万株。

 平均株価は11月26日以降の3営業日で計1700円近く下落していた。

PR

PR