MLB、新労使協定が妥結せず

 【ロサンゼルス共同】米大リーグ機構(MLB)と選手会が交渉を続けていた新労使協定が1日、これまでの協定の失効期限までに妥結しなかった。AP通信などが報じた。ストライキでシーズンが中断した1994年とその影響で開幕が遅れた95年以来の決裂で、労使に関わる全ての活動が止まるロックアウトに突入した。

 ロックアウト期間中は選手の契約交渉は中断され、広島からポスティング移籍を目指す鈴木誠也外野手、マリナーズからFAになった菊池雄星投手らへの影響が懸念される。

 MLBは選手会側が求めるFA権の取得条件や球団間の収益分配の大幅な変更を拒み、両者の溝は埋まらなかった。

PR

PR