札幌のササラ電車、初出動

 札幌市で2日、市中心部を走る路面電車の軌道に積もった雪を払う除雪車両「ササラ電車」が今季初めて出動した。市交通事業振興公社によると、記録が残る1980年以降で最も遅かったのは昨年の12月19日。今年は例年より若干遅めの初出動となった。

 午前10時半ごろ、氷点下2度を下回り雪が舞う中、1両が車両基地を出発。前部に取り付けた竹製ブラシ「ササラ」を回転させ、ゴーッという音を立てながら雪を軌道脇にはじき飛ばした。

 札幌管区気象台によると、札幌市の初雪は平年より18日遅い11月19日に観測され、統計がある1876年以降で3番目の遅さだった。

PR

PR