マラソン設楽悠太「優勝争いを」

 75回目となる今大会で幕を閉じる福岡国際マラソン(5日・平和台陸上競技場発着)に出場する有力選手が3日、福岡市内で記者会見し、元日本記録保持者の設楽悠太は「優勝争いができるようなレースをしたい。後半勝負ができるように走りたい」と意気込んだ。

 1947年に始まった大会は、市民マラソンの隆盛が大会終了の一因となった。34歳のベテラン川内優輝は「競技に集中できる環境が用意され、記録が出て世界につながる。そういう意味ではエリートマラソンの果たしてきたことは大きい。本当になくなってしまっていいのか」と惜しんだ。

 来年7月にある世界選手権の代表選考会の一つ。

PR

PR