北京五輪組織委、変異株を注視

 【北京共同】来年2月に迫った北京冬季五輪の大会組織委員会幹部らが3日記者会見し、新変異株オミクロン株の感染状況を「非常に注視している」と表明した。10月から続いている各種のテスト大会は順調だともアピールした。

 記者会見した趙衛東新聞宣伝部長は「オミクロン株が五輪に与える影響を見守っているところだ」と説明した。中国本土では3日までにオミクロン株の感染確認は公表されていない。

 人権問題を巡り「外交ボイコット」が浮上しており、共産党系メディアは最近「元々米国の政治家を招待していないし、大規模に外国の賓客を招く計画もない」と予防線を張るような主張を展開している。

PR

PR