28日からサニックスワールドラグビーユース交流大会

■10カ国の強豪が熱戦
 
 10カ国から集った高校生世代の強豪が熱戦を展開する「サニックスワールドラグビーユース交流大会2014」が28日、福岡県宗像市のグローバルアリーナで開幕する。観戦無料。

 男子の部には16チームが参加。5月1日まで予選リーグを行い、同2~5日に決勝トーナメントがある。海外からはオーストラリア、カナダ、イングランド、フランス、韓国、ニュージーランド、南アフリカ、ウルグアイから参加。桐蔭学園(神奈川)、慶応義塾(同)、東海大仰星(大阪)、大阪桐蔭(同)、常翔学園(同)、御所実業(奈良)、筑紫(福岡)、東福岡(同)と対戦する。

 今年から始まった7人制の「女子セブンズ」の部(28日予選、29日決勝)にはオーストラリア、カナダ、中国、ニュージーランドのチームが参加。関東選抜、神戸甲北(兵庫)、石見智翠館(島根)、福岡レディースラグビーフットボールクラブ(福岡)との対戦が注目される。

 4月30日と5月3日は休養日。試合スケジュールなど詳細は大会ホームページを参照。問い合わせはグローバルアリーナ=0940(33)8400。


=2014/04/24付 西日本新聞朝刊=

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ