オミクロン、強い感染力で軽症傾向? 2度接種後も 特徴少しずつ明らかに 

 新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の特徴が少しずつ明らかになってきた。感染力はデルタ株より強い恐れがある一方、軽症や無症状で済む傾向も指摘される。ただ、新型コロナワクチンを2回接種後に感染したとの報告が相次ぎ、専門家らが分析を急いでいる。

 オミクロン株は最初に南アフリカで報告され、...

残り 598文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR