大阪市長、年内3回目接種に意欲

 松井一郎大阪市長は6日、政府が自治体の状況に応じて新型コロナウイルスワクチンの3回目接種を前倒しする方向で検討していることを受け、「今ある分では全然足りないが、追加のワクチンを配給してもらえるなら、12月からやれるようにしたい」と市役所で記者団に述べた。

 松井氏は、政府が2回目からの接種間隔を8カ月としてきたことに言及し「これまで8カ月で準備してきたので病院側も準備できていない。混乱するだろうが、一日でも早く打った方が第6波のリスクは下げられるので、やれる範囲は全力でやりたい」と話した。

PR

PR