米、首脳会談でロに警告へ

 【ワシントン共同】米政府高官は6日、バイデン大統領が7日に予定されるロシアのプーチン大統領とのテレビ電話会談で、ウクライナを巡りロシアが軍事行動を起こせば「重大な代償を払うことになる」と直接警告すると明らかにした。欧州と協調した大規模な経済制裁を調整しているという。電話記者会見で語った。

 米英両政府によるとバイデン氏は6日、英仏独伊の首脳と電話協議し、ロシアに緊張緩和を求めると同時に、ウクライナの主権と領土保全への支持を示し、ロシアの脅威に連携して対応する方針を確認した。首脳らは「統一戦線」を構築する必要性を強調した。

PR

PR