ドイツのリスト氏にメダル授与

 【ベルリン共同】今年のノーベル化学賞に選ばれたドイツのマックス・プランク石炭研究所のベンジャミン・リスト所長(53)に7日、ベルリンでメダルと賞状が授与された。リスト氏は北海道大の特任教授も兼務している。

 駐独スウェーデン大使からメダルと賞状を受け取り「とても幸せ。賞は自分だけのものではなく、一緒に働いた素晴らしい人たちと分かち合いたい」と喜びを語った。

 授賞理由は、狙った化合物を安価で効率的に作る新たな触媒の開発。米プリンストン大のデービッド・マクミラン教授と共に受賞した。

 リスト氏は北大化学反応創成研究拠点の主任研究者を務め、昨年5月からは特任教授。

PR

PR