オミクロン株、54カ国に

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は7日付の新型コロナウイルス感染症の状況報告で、新変異株のオミクロン株が54カ国で報告されたと明らかにした。ただし依然として流行の主流はデルタ株であり、オミクロン株の感染力などについて判断するのは時期尚早としている。

 日本時間8日午前0時時点での集計によると、オミクロン株が確認されたのは54カ国で、さらに3カ国で疑い例を精査中。過去60日間に報告された約90万件の遺伝子解析のうちデルタ株が99・8%を占めており、オミクロン株は0・1%。

PR

PR