フランス「外交ボイコットせず」

 【パリ共同】フランスのブランケール国民教育・スポーツ相は9日、米国などが北京冬季五輪・パラリンピックの外交ボイコットを決めたことについて「フランスはボイコットしない」と明言した。ニュース専門テレビBFMの番組でインタビューに答えた。

 フランスは米国と同盟関係を持つが、深刻化する米中対立と一線を画す立場を取っている。

 ブランケール氏は中国の人権侵害は「非難しなければならない」と述べる一方「スポーツの世界は政治の介入からできる限り守らなければならない」と主張。自身は訪問せずに、マラシネアヌ・スポーツ担当相やクリュゼル障害者担当相が北京を訪れると明らかにした。

PR

PR