報道危機「独裁招く」

 【オスロ共同】強権的な政府の下で表現の自由を守り、今年のノーベル平和賞に決まったロシアの新聞編集長ドミトリー・ムラトフ氏(60)と、フィリピンのジャーナリストのマリア・レッサ氏(58)が9日、ノルウェーで記者会見を開いた。ムラトフ氏は報道や民主主義が信頼を失えば「独裁政治を招く」と訴え、自由な言論を脅かす弾圧に今後も抵抗していく意思を鮮明にした。

 フィリピンのニュースサイト「ラップラー」を率いるレッサ氏は、インターネットの普及とともに近年、報道機関同士で閲覧数を競う傾向にあるが「われわれは同じ側に立って事実の追求を目指すべきだ」と述べた。

PR

PR