佐藤輝明、走攻守で「輝く」

 阪神の佐藤輝明内野手が7日、奈良県生駒市にある母校の近大グラウンドで練習を公開し、24本塁打を放ったルーキーイヤーの昨季から一層の飛躍を期した。名前の「輝」の字にちなみ「打って、守って、走って輝きたい。本塁打を30、40、50本と打てるように頑張る」と決意を新たにした。

 この日は大学の先輩に当たる楽天の小深田大翔内野手と練習。昨季は新人最多の173三振に加え、リーグワーストの59打席連続無安打と壁にもぶつかった。本塁打量産へ「フォームを一定させること」と対応力向上をテーマに掲げ、室内での打撃練習では鬼気迫る表情で振り込んだ。

PR

開催中

新春掛軸展

  • 2022年1月20日(木) 〜 2022年1月26日(水)
  • ギャラリーやすこうち

PR