医療維持と情報共有を確認

 中国地方知事会は8日、広島、山口両県で新型コロナウイルス感染の急拡大が続き、「まん延防止等重点措置」が適用されることを受け、臨時のウェブ会議を開いた。広域的な感染拡大防止に向け感染状況の情報共有を強化し、適切な医療提供体制を維持することを確認した。検査対象者の増加に備えPCR検査体制の連携も進めるとした。

 5県の県民に対し、感染拡大地域への不要不急の移動自粛や基本的な感染対策の徹底を求めるメッセージを取りまとめた。

 同知事会長を務める山口県の村岡嗣政知事は「急激な感染拡大が起きている。年末年始の人出増加の影響が今後、顕在化する可能性も」と警戒感を示した。

PR

開催中

新春掛軸展

  • 2022年1月20日(木) 〜 2022年1月26日(水)
  • ギャラリーやすこうち

PR