西武、新人練習がスタート

 西武の新人合同練習が8日、埼玉県所沢市の球団施設で始まり、ドラフト1位の隅田知一郎投手(西日本工大)は「同期とコミュニケーションを取りながら楽しくできた」と充実の表情だった。

 キャッチボールでは最長約50mの距離から強い球を投げ、変化球も交えた。「1月からしっかり投げられるように年末年始を過ごしてきた。強い球を投げていくための段階を踏んでいる」と手応えを語った。

 手薄な先発陣の強化がチームの課題で、同じ左投げでドラフト2位の佐藤隼輔投手(筑波大)とともに即戦力として期待されている。視察した辻発彦監督は「相乗効果で2人とも順調に伸びてくれれば」と話した。

PR

PR