スノボW杯、村瀬心椛が3位

 【マンモスマウンテン(米カリフォルニア州)共同】スノーボードのワールドカップ(W杯)は8日、米カリフォルニア州マンモスマウンテンでスロープスタイルの決勝が行われ、女子は元日の開幕戦を制した17歳の村瀬心椛(ムラサキスポーツ)が77・94点で3位に入った。

 男子は同日の予選を突破した大塚健(バートン)が50・74点で12位、木俣椋真(ヤマゼンロックザキッズ)が14位、荻原大翔(尾瀬スノースポーツク)が15位。

 女子はジェーミー・アンダーソン、男子はレドモンド・ジェラード(共に米国)が勝った。

PR

PR