新幹線「かもめ」長崎に到着

 今年秋に暫定開業する西九州新幹線を走る新列車「かもめ」が船で運ばれ長崎県川棚町の港に到着し、9日陸揚げされた。今後、トレーラーでJR九州の大村車両基地(同県大村市)に搬送し、走行試験で性能などを確認。暫定開業する長崎―武雄温泉を走行する。

 関係者らが見守る中、2台のクレーン車で陸揚げ。式典では地元の園児らが手旗を振って迎えた。中村法道知事は「心温まるおもてなしでお客さまを受け入れする体制を整備したい」と述べた。JR九州の青柳俊彦社長は「佐賀、長崎両県の発展の礎となるよう協力していきたい」と語った。

 車両は「N700S」を用い、最高速度は時速260キロ。

PR

PR