ロッテの和田「帰塁を課題に」

 昨季盗塁王を獲得したロッテの和田康士朗外野手が9日、ZOZOマリンスタジアムで練習を公開し「去年はけん制死が多かったので、シーズン終盤くらいから帰塁の練習をしていた。今年はそれを課題にやっていきたい」と語った。キャッチボールやダッシュなどで軽めに動いた。

 昨季は代走の切り札として起用され24盗塁で初のタイトルに輝いたものの、打席数はわずか24で打撃での見せ場は少なかった。定位置獲得へ向け「今年こそスタメンで出たい。そのためには打撃の向上が大切だし、出塁率も上げないと。オープン戦ではチームで一番くらいの成績を残したい」と意気込んだ。

PR

PR