ヤクルト、山下輝「焦らずに」

 ヤクルトの新人合同練習が9日、埼玉県戸田市の球団施設で始まった。ドラフト1位の山下輝投手(法大)は利き腕の左前腕の疲労骨折から回復途上で、屋外でのキャッチボールは行わず「焦らずにやる。しっかり下半身を鍛えたい」と落ち着いた表情で話した。

 ランニングやノックには参加し、徐々に緊張がほぐれていった様子だった。視察した高津臣吾監督は「昨年の日本一がまぐれじゃなかったと証明するには勝つしかない。そのために必ず新しい戦力が必要になる」と期待を寄せた。

 合同練習には育成選手を含む全6選手が参加。4位の小森航大郎内野手(山口・宇部工高)も、一部の練習から外れた。

PR

PR