中東で「兼務」第1陣出港

 中東海域で日本関係船舶の安全を守る情報収集活動とアフリカ東部ソマリア沖アデン湾の海賊対処に当たる海上自衛隊の護衛艦「さみだれ」の出国行事が9日、広島県呉市の呉基地で開かれた。昨年12月の閣議決定で、台湾情勢を含む中国対応を念頭に、二つの任務それぞれに護衛艦1隻としていたのを見直し、海賊対処の1隻が両方を担う体制に変更。さみだれが「兼務」の第1陣で、2月後半から活動する。

 行事では中曽根康隆防衛政務官が「強い使命感を持って職務を全うしてほしい」と訓示。自衛艦隊司令官の湯浅秀樹海将は「新たな挑戦となるが、二つの任務の完遂にまい進してもらいたい」と激励した。

PR

PR