MF遠藤純「磨きをかけたい」

 サッカー女子、WEリーグの日テレ東京Vから米プロリーグNWSLのエンゼルシティーに移籍した女子日本代表MF遠藤純(21)が9日、オンラインで取材に応じ「(東京五輪で海外勢との)フィジカルの差を感じた。難しい場面でも(点を)決めて勝つチームが多かったが、自分はどんな状況でも決めきる力がない。磨きをかけたい」と決意を口にした。

 左足のキックやドリブルを武器とするアタッカーは2018年U―20(20歳以下)女子ワールドカップ(W杯)優勝メンバーで、19年女子W杯に19歳で出場。20日に開幕する女子アジア・カップの代表にも選ばれている。

PR

開催中

大九州展

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月18日(火)
  • 井筒屋小倉店本館8階催場

PR