初場所、照ノ富士は白星発進

 大相撲初場所初日(9日・両国国技館)先場所で15戦全勝優勝を果たし、自身初の3場所連続制覇を目指す一人横綱の照ノ富士は白星発進した。結びの一番で小結大栄翔に攻め込まれたが、土俵際ではたき込んだ。

 大関陣は貴景勝が若隆景を押し出し、正代は霧馬山に小手投げで逆転勝ちした。

 両関脇は明暗が分かれた。大関昇進の足固めを狙う御嶽海は宇良を押し出し、隆の勝は逸ノ城に寄り切られた。小結明生は黒星。新入幕の若元春と王鵬は白星だった。

PR

PR