JR西、不採算路線の見直し意欲

 JR西日本の長谷川一明社長(64)は10日までに共同通信のインタビューに応じ、不採算のローカル線に関して「今考えなければ地域の輸送自体が廃れてしまう。待ったなしの状態だ」と述べ、見直しに意欲を示した。新型コロナで悪化している経営の立て直しを急ぐ。

 JR西によると、1キロ当たりの1日の平均乗客数を示す「輸送密度」が2千人以下を一つの目安としているが、具体的な路線名については言及しなかった。長谷川氏は、不採算路線を維持することは「新幹線や都市圏のサービスにも影響を与えかねない」と懸念。その上で「これまで以上に地域の交通の在り方を考える必要がある」と述べた。

PR

開催中

新春掛軸展

  • 2022年1月20日(木) 〜 2022年1月26日(水)
  • ギャラリーやすこうち

PR