北朝鮮また弾道ミサイル発射か

 【ソウル共同】韓国軍合同参謀本部は11日、北朝鮮が同日午前7時27分(日本時間同)ごろ、内陸から東方の日本海に向けて弾道ミサイルと推定される飛翔体1発を発射したと発表した。日本政府によると、通常の弾道軌道であれば飛距離は700キロ未満で、落下したのは日本の排他的経済水域(EEZ)外の海域と推定される。北朝鮮は5日に「極超音速ミサイル」と主張する新型弾道ミサイルを日本海に発射したばかりで、6日ぶり。

 韓国の聯合ニュースによると、前回と同じ北部慈江道付近から発射され、速度は音速の10倍近くに達した。前回は音速の6倍ほどだった。日米韓は追加発射を警戒している。

PR

PR