米FRB、物価上昇の定着阻止へ

 【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は10日、議会上院の指名公聴会で予定する証言内容を事前公表した。新型コロナウイルス禍からの「前例のない」経済再開に伴い、物価上昇が起こっていると指摘。金融政策を使い「経済と力強い労働市場を支援し、高インフレが定着するのを防ぐ」との決意を示す。

 バイデン大統領が再任を指名した自身の承認を巡り、上院の銀行住宅都市委員会が11日午前(日本時間12日未明)に開く公聴会に出席する。議員からは長引く物価高への対応を迫る声が相次ぐとみられ、利上げ時期や頻度などに関する見解が注目される。

PR

PR