北朝鮮弾道ミサイル、技術向上か

 【ソウル共同】韓国軍合同参謀本部は11日、北朝鮮が同日朝に日本海へ発射した飛翔体について、700キロ以上飛行、最高速度はマッハ10(音速の10倍)前後に達したとし、5日発射のミサイルより「進展した」との分析を明らかにした。韓国や日米のミサイル防衛(MD)突破を目指して開発中の新型ミサイルの技術向上を図っている可能性がある。

 日本の防衛省は通常の弾道軌道であれば飛行距離は700キロ未満だったと分析。

 韓国軍によると、11日のミサイルは5日と同じ北部慈江道付近から発射され、最高高度は約60キロで従来型の弾道ミサイルより低い軌道を飛んだ。

PR

PR