西武の中村、目標は500号

 現役最多の通算442本塁打を放っている西武の中村剛也内野手が11日、埼玉県所沢市の球団施設で自主練習を公開し、通算450号、500号に向け「ホームランにこだわってきたので、打ちたいという気持ちが強い。その辺を目標にやっていきたい」と意気込みを語った。

 昨年は中軸を務め、123試合で打率2割8分4厘、18本塁打、74打点をマークして新たに2年契約を結んだ。プロ21年目、38歳のベテランは、あと356本としている通算2千安打も「ひそかに狙っている」と笑った。

 キャンプに向け「けがをしないようにやっています。徐々に(状態を)上げていければ」と語った。

PR

PR